withコロナのインドネシア入国手続き【空港から郊外へ!】

交通手段

お無沙汰しております。わけあって久しぶりの投稿となってしまいました。もう年末!2021年からは頻繁に、毎週決まった曜日・時間に投稿する予定です🤭☺💕

先日、入国体験談の記事でコロナ禍の関西空港のリアルな様子とガルーダインドネシア航空での7時間空の旅について書きました。

そして、ついにインドネシア到着!

海外転出届も出したので、100%インドネシア移住生活の始まりです!

入国準備の手続きについてはこちらの記事★

スポンサーリンク

外気を吸えるまで

スカルノハッタ国際空港に到着。

利用客が少ないからか、至る所のエスカレーターが停止されていて、階段のバージョンも、床が動くバージョンもすべて停止していました。

自力で歩くとなるといつもより空港が広く感じます。果たしない道のりの始まりです。

スカルノハッタ国際空港

道のりにはさまざまなフォトスポットがあります。

第一関門 健康チェック!

ずーーーっと歩くと椅子が等間隔に並べられたスペースにたどり着きます。

健康申告の列

健康申告のための列

ここで下の書類が配られ、軍服を着た人にチェックしてもらいます。

健康状態申告書

健康状態申告書

※主にインドネシア語で補助として英語が併記されています。

内容は

  • 住所やパスポート番号・便名
  • 14日以内の入国先
  • 現在の体調チェック✔︎

などなど

健康状態のいい人は、チェック項目Tidak(いいえ)に×印を書きます。

記入方法

白い紙は名前・歳・住所などだけ自分で書きます。

第ニ関門 PCR検査 陰性証明書の提出!

用紙に必要な事項を記入できたら、黄色の紙と白い紙を合わせて前に持っていきます。すると、防護服を着た人に指を何かで挟まれて酸素濃度を測られました。

検温にならぶ

酸素濃度を測られているあいだに、手首で体温も計ります。

白い紙の大事な部分はすべて空港の人が記入して、次に進むとまた列ができていました。

ここではPCR検査の陰性証明書を見せてはんことサインをもらいます。ついたての向こうに防護服の人がいて、書類のチェックを数分でしてくれます。

ここを通過すれば次にやっと、イミグレです!

第三関門 イミグレーション!

イミグレ

通常なら人がずらりと並ぶイミグレも今では人がいなくてガランとした雰囲気。並ぶ用のしきりをくねくねと歩いてイミグレに進みます。

第四関門 KITASの証明写真を撮る!

通常とは違い、今は観光客がおらずみんな長期滞在者やビジネスマン。

イミグレが終わったあと、VISAだけを持っていて長期滞在許可書のKITASがまだ手元にない人は写真を撮るスペースに進みます。

何も考えていないと、通り過ぎてしまうような端の方にKITASの証明写真を撮るスペースがありました。ここでパスポートと張り付けてあるVISAを提示します。

赤い背景が用意されていましたが、私は空港にいつもある顔認証のような機械でいつの間にか写真を撮られていました。

何日か後に発行されたKITASを見て、マスクをあごに下げたマヌケな顔が証明写真になっていてびっくり。あの赤い背景は何のためだったのか…。

第五関門 荷物の受取りとスマホの料金支払い!

イミグレとKITASの証明写真を通れば、ようやく荷物の受取所です!もう少しで出口ですが、荷物を受け取ったあとに気をつけなければならないことがもう一つあります。それは、スマホのIMEI(個体識別番号)の登録です

預け荷物を受け取り

もうすぐ出口!!

日本のスマホを持ってきてインドネシア対応のシムカードをさして使おうと思っている方は、これまでと違い、空港で入国するときに税金を払いIMEIを登録しなければなりません。関税対象となるのは500米ドル以上の高額な製品なのでiphoneなどは対象となる可能性は十分にあります。

これは2020年9月から新しく始まった制度で、これから新しくインドネシアに入国する方は注意が必要です。入国前に下の関税局ウェブページで事前登録することができます。

関税局 IMEI登録ページ

わたしはiphoneを持ってきていましたがもう長年使っていたので、高い税金(本体代の2割くらいなので1万~2万円くらい)を払うならインドネシアで新しいスマホを買おうと思い、登録しませんでした。

※2020年9月以降に日本から持ち込んだスマホはIMEIに登録しないと、インドネシア対応のシムカードを端末にさしてもネット障害があり使うことができません!持ち込んだスマホにシムカードをさして使いたい場合は必ず登録しなければなりません。

(わたしはインドネシアで新しいスマホを買うまで、2~3日Wifi生活を送りました。)

空港で感じるインドネシアらしさ

空港内で一番やっかいだったのは、何度も現れるこの軍服の男です。

PCR検査の結果を見せる

PCR検査の結果を一度見せてはんことサインをもらっているにも関わらず、空港を出るまで何回も軍服を着た人に

「PCR!PCR!」と証明書を確認されました。5回くらい声をかけられ、そのたび証明書を出すのがメンドクサイ。

ようやくすべての行程を終えて両替に並んでいるときでさえ、

「ラストPCR !!」と近づいてきました。

インドネシアらしさ全開でおもしろいです。
5時すぎに着陸し、ようやく外に出たころには真っ暗!!(2時間経過)

そうして生ぬるい南国の空気とインドネシアの匂いを感じながら、マスクがゆるゆるの運転手さんに乗せられてホテルに向かうのでした。

ようやくバンドンの生活が落ち着いてきたので、これから沢山更新します^^ではまた♩

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました