バンドン近郊のおすすめレストラン!「インドネシアの台所」とは?

レストラン・カフェ

インドネシアの西ジャワにある”Dusun bambu” は大自然にある人気観光地!その中にある素敵なレストラン&カフェBurangrangをご紹介します。

スポンサーリンク

Burangrang

大自然の中にある「Burangrang」(ブランラン)はいろいろなインドネシア料理を楽しめるレストランです。

前記事『インドネシア・レンバンにある人気観光地「ドゥスンバンブー」(竹の村)に行ってみた』でご紹介したように、レストランはお土産売り場、屋台などが連なる大きな複合施設に入っています。

1階のお土産売り場

私はインドネシア人の友人とバンドンで集合し、ドゥスンバンブーに到着したあと大自然を散歩して、レストランに入りました。

レストランの入口

看板の下に書いている‘Dapur Indonesia’は、「インドネシアの台所」という意味。

本当に数多くのインドネシア料理を提供していて、インドネシアの台所といえるほど大きな空間です。

サステナブルな内装

レストランの中へ入ると…天井が高くて広々とした空間が✨

とても風通しがよく、外から心地のよい空気が入ってきます。

そして、よく店内を見てみると…

なんと!!

カウンターや壁、装飾まで、いたるところが竹などの自然素材で作られています。

お店全体的に、人工的な雰囲気がなく自然と一体化していて、まるで自然の中にいるように落ち着きました。

オープンテラス

一つ一つこだわっている素敵な内装をよく見てまわってから、私たちはせっかくなのでオープンテラスに出てランチをいただくことに。

池を一望できる大きなソファーでくつろぐ男の子

選べる座席スタイル

オープンテラスには写真のように靴を脱いでくつろげる大〜きなソファーも、家族みんなで囲めるテーブル席も用意されています。

そこから眺める景色は緑豊かで、流れる時間がゆったり。

竹の村を一望できるオープンテラス

反対側はこんなかんじです😊

いつもバンドンを案内してくれる友達のキキちゃん

このようにオープンテラスにもカウンターがあり、席までメニューを持ってきてくれます。

そのまま席で注文をすると料理が運ばれてくるシステムです。

インドネシア料理を注文!

メニューにはインドネシア料理、スンダ地方の伝統料理・スンダ料理もあります!私たちはスンダ料理を注文しました。

ここのランチはインドネシアの大衆レストランより料金は少し高めでしたが、お味はとてもよく、何より自然の中という環境なのでリラックできました。

おおよその予算は下に書いています😊

カフェ

ここはカフェのメニューも豊富で、インドネシア産コーヒーから日本ではあまり見られない種類のフルーツのスムージーまでありました。

ソファー席でカフェタイム

私が頼んだものはキウイスムージー🥝

おおよその予算

お金

気になる予算は

Burangrangでランチとカフェを楽しんで

2人でRp.250,000-(約1800円)ほどが目安です。

ですが…!

ここのレストランの入口付近には地域の名産品などの屋台が多く並んでいて、ついつい食べたくなるものばかりなので、予算は少し多めに見積もることをおすすめします♩

おわりに

ドゥスンバンブーには知られざる魅力がまだまだたくさん秘められていて

一日の日帰りではもったいないほど楽しめる要素がありました。

ここには併設のホテルもあるようなので、次に行く時はぜひ利用してみたいと思います。

みなさんもジャワ島を旅行するときはぜひ訪れる候補のひとつにしてみてください♡

※現在、新型コロナウイルスの影響により一時営業中止しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました